<   2014年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

『私はいやされた!Vol.4』発売

f0145106_421877.jpg

18時近くに届いたため、本格的な発送は、来週になりましたが、
小冊子の『私はいやされた!Vol.4―神によるいやしの体験談』が、今日出来上がってきました。

内容は、膠原病がいやされて、結婚、2人のお子さんのお母さんである三本松春美さんの「神さまのいやしによって祝福された結婚」、小須田ゆりかさんの「くも膜下出血が手術なしでいやされた」、ご主人であるサムエル菅牧師の脳出血の後遺症のいやしについて書かれたイスラエル菅さんの「7年間苦しんだ痛みが一瞬にしていやされた」の3つの神様のいやしによる体験談が収められています。
ぜひ、伝道に用いください。

この小冊子の校正を担当した私は、めだかを発見してくじらを見逃していたのですが、神様のあわれみによって、とっても不思議な形で、あわやというところで気づくことができました。本当に神様が気づかせてくださった!としか言えません。感謝~!!

皆様のご注文をお待ちしています。(か)
[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-31 22:02 | いやし

曇りから雨へ。恵みの雨、雨!

今日の午前中は、こんな感じで、雨、降るかなぁ?と思ってました。
f0145106_15284490.jpg
午後は、いつの間にか、雨でした。
東京都文京区の事務所です。
f0145106_15290737.jpg
実は、私は、傘を持っていないことが多くて、よく、社長が事務所に置いて行った傘をちょっとお借りしてたのですが、一つは、誰かに持って行かれ、もう一つは、壊してしまったので、新しい傘を2本ほど、買って事務所に置いときました。

今日の帰り、また借りないとかなぁ。。。
f0145106_17154657.jpg
ミカエル

[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-30 17:16 | 日記

カトリックの方にも!クリスチャンではない方にも!ぜひぜひ知って欲しい、日本のキリスト教の歴史。

CJCや他の報道機関でも取り上げていましたが、教皇フランシスコは、長く激しい迫害の時代にも、洗礼によって脈々と受け継がれた日本の「キリシタン」の信仰を紹介したそうです。
教皇フランシスコが語っていることが、詳しくわかるマンガを紹介します!


まんが 日本キリスト教史 上巻 
国籍は天にあり

f0145106_21014654.jpg


まんが 日本キリスト教史 下巻
浦上キリシタン物語

f0145106_21004765.jpg
ぜひぜひ、カトリックの方にも、クリスチャンでない方にも、読んでいただきたいです!「日本キリスト教史」。
ご注文は、全国のキリスト教書店で!
またこちらからもどうぞ。


ニュースの記事は、以下です。

2014年01月16日
 ◎日本のキリシタンの歴史に学べ、と教皇

  【CJC=東京】教皇フランシスコは1月15日、バチカンで、水曜恒例の一般接見を行い、カテケーシス(教会の教えの解説)で、先週に続き、洗礼の秘跡について述べる中で、長く激しい迫害の時代にも、洗礼によって脈々と受け継がれた日本の「キリシタン」の信仰を紹介した。
 教皇は、キリストの神秘体の一部となり、神の民に加わるために必要な洗礼、信仰を世代から世代へと伝えていくためにも重要な洗礼の意味を解説した。
 バチカン通信(VIS)によると、教皇は「神の民のための洗礼の重要さを語る上で、日本のキリスト教共同体の歴史は模範となる」と述べ、禁教時代の日本の信者たちの苦難の歴史を語った。
 「日本のキリスト教共同体は、17世紀初頭から厳しい弾圧を受けました。これによって多くの殉教者を出し、司祭たちは追放され、信者数千人が殺害された。日本に司祭はいなくなった。皆、追放されてしまったからだ。そこでキリスト教共同体は、潜伏生活に入り、隠れた生活の中で信仰と祈りを守った」
 「子どもが生まれると父親か母親が洗礼を授けた。なぜならすべての信者は、特別な状況においては、洗礼を授けることが出来るからだ」
 「そして2世紀半、250年の後、日本に宣教師が戻った時、何千人ものキリスト者が公然と姿を現し、教会は再び花開くことが出来た。彼らは洗礼のおかげで生き残った。これは偉大なことだ。神の民は子どもたちに洗礼を授け、それが続くことによって、信仰が伝えられていく。日本の信者たちは、隠れながらも、強い共同体の精神を保ち続けた。なぜなら洗礼が彼らをキリストにおいてただ一つの体としたからだ。信者たちは孤立し、隠れてはいたが、常に神の民の一部だった」
 教皇は「この歴史からわたしたちは多くのことを学ぶことが出来る」と締めくくった。□


ミカエル

[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-29 21:04 | マンガ

今回はもらえました♪

前回、シールが少し足りなくて、もらえませんでしたが、、、
今回は、シールが集まり、ミッフィーのお皿をゲットしました。カレースープ皿。↓↓↓
f0145106_20223911.jpg
f0145106_19133808.jpg
f0145106_18285784.jpg
ミカエル

[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-29 20:34 | 日記

きれいに整頓!在庫も少しずつ

最近、スタッフのOさんが、事務所をきれいに整理整頓してくださってます。
f0145106_22162926.jpg
f0145106_22161536.jpg

在庫も、Oさんが数えてくださってます。
新品の本と、傷んでいる本も分けて、数えて・・・
f0145106_22163812.jpg

感謝します!

ミカエル




[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-23 22:19 | 日記

春の足音

f0145106_10203357.jpg

お茶の水橋のたもとで白梅が咲き始めました。まだまだ寒い日が続きますが、花木が春が近いことを知らせています。(か)
[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-22 10:19 | 御茶ノ水界隈

月刊誌の漫画面

今日は、スタッフのHさんが、ご奉仕に来てくださってます。
f0145106_19481527.jpg
ミカエル

[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-15 19:49 | 日記

月刊誌2月号マーリン・キャロザース師 召天記念会 - メアリーさんのメッセージ -

月刊「雲の間にある虹」2014年2月号が発売になりました!
2月号も、素晴らしい記事満載です!003.gif 

072.gif マーリン・キャロザース師の奥様のメアリーさんのメッセージ。
 <夫婦の関係のこと、国際的な保険会社、「ロイズ・オブ・ロンドン」での体験のこと、などなどが載っています!>

072.gif マーリン・キャロザース師の「獄中からの賛美」の漫画化、「牢獄から賛美へ」。
072.gif チェコのプラハ教会の宣教師、マレック・ヤクサロジェノヴァー師の証し。
072.gif岩崎ルカさんとご家族の救い(神さまと出会った時)の証し。
 

などなど!
読んだら、元気が出ます、月刊「雲の間にある虹」2014年2月号!
ぜひぜひ、お読みくださいませ。063.gif

f0145106_15281128.jpg
ミカエル
[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-15 15:59 | 月刊「雲の間にある虹」

感謝!ポットの電子制御のロック解除、出来なくなる。

ポットの電子制御のロック解除が出来なくなりました。
解除のボタンを押しても、ロックがかかったままなので、お湯が出ません。
なので、感謝して、今日は、ふたをあけて、カップでお湯をくみだしてます。
f0145106_14214195.jpg
f0145106_14251172.jpg
感謝します。

ミカエル

[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-15 14:41 | 日記

豪華な、身体に良い食事。

今日は、モーセ鈴木牧師の奥様、イスラエルさんの手作りのミートローフの差し入れをいただきました。
f0145106_14112561.jpg
また、同じく鈴木家から、松前漬けと、いわしの酢漬けの差し入れをいただきました。
皆で、楽しく美味しくいただきました!
f0145106_14162454.jpg
神さま、モーセ鈴木牧師、イスラエルさん、ありがとうございました。
f0145106_14371878.jpg
ご馳走さまでした。

ミカエル


[PR]

by kumoniji7 | 2014-01-15 14:37 | 日記